リストラからの再就職
  1. Top
  2. » リストラ応募

リストラからの再就職を成功させるには

定年まで安心して働けると思っていた。
福利厚生も充実しているし、絶対に倒産しない大きな会社だと思っていた。
まさか自分がリストラ対象になるとは・・・


会社は突然リストラ対象としてあなたを扱います。
リストラ対象になれば、「このまま会社に居てもあなたに将来はない」と言われます。


一生懸命に頑張ってきたにも関わらず、会社は突然リストラ対象としてあなたを扱います。
それが会社員・サラリーマンの世界です。
リストラを拒み続けても、来る日も来る日も呼び出され、自ら退職届を提出するように説得されます。
それがリストラをする会社がやることです。

自ら望んでいない退職ですから納得はできないでしょう。
しかし退職を拒否し続けていいると、次は仕事を奪われます。
そして完全に窓際へと追いやられます。



リストラからの再就職を成功させるには


リストラからの再就職を目指す多くの方が、再就職活動を始めるのは、会社を退職になってから。
職務経歴書なんて書いたことが無い方も少なくありません。


30歳後半あたりから、40歳を超えるとさらに再転職は難しくなってきます。
若いうちなら基礎能力やポテンシャルで評価してもらえるところがあるのですが、年齢を重ねるにつれて、それまでの業務経験・実績を中心に評価されるようになります。
人物本位の評価よりも先に、「この人の経験は会社が求めている経験とどれだけ一致するか」という視点で評価されるのです。
数十~数百件の求人情報があったとしても、ベテラン技術者が応募して採用される可能性のある求人情報はわずか数件。
リストラからの再就職を成功させるには、非常に困難な再就職活動になります。


リストラからの再就職を成功させるには、転職先が決まるまで数カ月~半年、場合によっては1年掛かることも普通にあります。
退職金の割増支給も再就職までのブランクが長くなれば、その間の生活費で消えてしまう可能性も高くなります。
再就職事情を知らず、「そのうち決まるだろう」と高をくくり、次第に疲弊し、悩まれる方も多くいます。


例え素晴らしいキャリア・能力を持っていたとしても、年収を維持したままの40代・50代の再就職はかなり難しいと思ったほうがいいでしょう。
ハローワークからの紹介を積極的に受けても前職の年収の維持は困難です。

毎月の給料は激減、年収も半分以下になるという相当な覚悟が必要です。
子どもの高校進学や大学進学、住宅ローンの残債などもあるでしょう。
そんな40代・50代の働き盛りの中高年の再就職できない人が急増しているのです。
収入の激減を覚悟し再就職にチャレンジする強いマインドが必要です。



リストラからの再就職を成功させる3つのポイント


再就職先が決まるまで退職しない

履歴書にブランク(企業に所属していない期間)があるだけで、採用企業の評価は下がります。
また、転職先が決まるまで、どれだけの期間が必要なのかも分かりません。
会社のことを考えるよりも先に、ご自身とご家族の生活のことを考えて、次の転職先が決まってから退職するようにしてください。
少なくとも、希望・早期退職に申し込まれたら、すぐに転職活動を開始してください。



再就職・転職の知識は学んでおく

転職活動をするのなら、ご家族に伏せたい情報も出てきます。
必ずご自身だけが使う専用のメールアドレスを取得しておくていいでしょう。

履歴書・職務経歴書の書き方も、ネットで調べてみればコツが書いてあります。
将来に備えて転職活動をする前から定期的にご自身の業務を棚卸しして、職務経歴書をアップデートしておくことをお勧めします。



再就職で年収が下がることも覚悟する

リーマン・ショック後、業績が悪化した企業では昇給がここ数年ストップしていたり、賞与が大幅に削られていたりする企業も少なくありません。
再就職・転職で年収アップを果たせるのは、既に過去の話です。
リストラなどで今在籍する会社を退職せざるを得なくなったとき、年収がどのくらいまで下がっても生活していけるかを家族と相談しておいた方がいいでしょう。
あまり悲観的にならず、まずは何事にも挑戦する前向きな気持ちを持ち続けていることが重要です。

キャリアについて無関心であり続けることはリスク以外の何物でもありません。
担当していた仕事や再就職のことについて、ある程度は情報を収集するように心掛けおくといいでしょう。








おすすめ投資信託